伝説の通販バイブル

電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり

伝説の通販バイブル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784532320522
  • NDC分類 673.36
  • Cコード C3034

出版社内容情報

1億円未満の通販会社を10億円企業に成長させたカリスマ通販コンサルタントが、独自メソッドで4年10億をねらう仕組みを解説します。

おすすめポイント
LTV(顧客生涯価値)、商品企画から決済システム、在庫・物流、コールセンターから集客まで、通販ビジネスの全体設計を初めて大公開!

目次
第1章 10億を稼ぐ通販ビジネスはココが違う
第2章 10億を稼ぐ事業戦略の解剖図を公開
第3章 ベルトコンベア理論こそが、経営のカギを握る
第4章 リピートを妨げる4つの要因を排除する
第5章 「売れる切り口」の見つけ方
第6章 通販ビジネスのバイアウト(利益から資産へ)

内容説明

ゼロからスタートして「億超え」するには、原理原則を理解し、6ステップの戦略を確実に実行する必要がある。目先のマーケティングテクニックに惑わされてはいけない。LTV(顧客生涯価値)、商品企画から決済システム、在庫・物流、セールス・コールセンターから集客・サービスまで、通販ビジネスの全体設計を初めて大公開!

目次

第1章 10億を稼ぐ通販ビジネスはココが違う
第2章 10億を稼ぐ事業戦略の解剖図を公開
第3章 ベルトコンベア理論こそが、経営のカギを握る
第4章 リピートを妨げる4つの要因を排除する
第5章 「売れる切り口」の見つけ方
第6章 通販ビジネスのバイアウト(利益から資産へ)

著者等紹介

西村公児[ニシムラコウジ]
株式会社ルーチェ代表取締役。10億通販塾主宰。年商600億円の大手通信販売会社で債権回収・販売企画を16年経験。その後、化粧品メーカーの中核メンバーとして5年マーケティングに参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

今野 富康

3
通販の全体像を網羅している本です。ザッと読んで、必要な箇所だけ再読しつつ取り入れる感じが良いかなあ。と、思いました。通読するよりは、必要な箇所を読んでいったほうがいい本です。おそらく通読しようとすると、挫折します。個人的に参考になったのは、フォローメールの構成の部分と内容の設計の部分です。また、結構、当たり前のことでできていないことを見つけたのでそのあたりも改善していくことにしました。おそらく都度都度、辞書的に見ることになる本です。2016/11/02

Aki

1
チェックリストが細かくて参考になる。欲を言えば、商品単価によってフロントエンド商品や2回目購入までのリードタイムは変わるときに対応事項がどう変わって来るのかも知りたい。個人的に仕事で関わるのは広告分野のみだが、本書を読んだことで提案の幅が広がりそう。2018/03/23

Jiro

1
【読みにくすぎ、わかりにくすぎ】法則の数が多すぎる。チェック項目の数が多すぎる。何回も同じ話が出てくる。専門用語が多すぎる。といった理由で非常に読みにくい本だった。「使える!」と思える部分もあったが、何しろわかりにくい。恐らくゴーストライターがセミナーの文章をもとに書き起こして、ほとんど本人が推敲しないまま世に出された本に思えて仕方ない。(これそんなに重要度高くないよね?みたいなもののにも長い説明がされたりしてるから、余計にそう思う)2016/02/07

evopapa

0
今回は偽りのない「バイブル」書だと確信しています。貴重な情報ばかりなのですが、特に「マーケティングβ」の発想は圧巻です。オフラインにもこの発想を取り入れられればとワクワクしました。気になる方は、ぜひ一読してみて。本音を言うと「伝説の通販バイブル」買って欲しくありません また、売上を3構造に分解した図表ですが、「コミュニケーション×特別感×信頼感」。どのマーケティングの本にも載っていますが、この順番が気になっていました。順番に正当な理由があったとは。これを知っただけでも購入して良かったと思いました。2015/12/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10118114

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。