日経プレミアシリーズ<br> ビジネスに活かす脳科学

個数:
電子版価格 ¥961
  • 電書あり

日経プレミアシリーズ
ビジネスに活かす脳科学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年09月23日 05時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 297p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784532262846
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C1245

内容説明

脳科学の知見をマーケティングはじめビジネスに応用することは、欧米先進企業ではいまや当たり前。では、脳の何を知れば仕事に役立てられるのか?多くの企業とともに、脳科学の産業応用について研究を重ねている著者が、できるかぎり専門用語を使わずに、誰もが知っておきたい脳の知識を八つの領域にしぼって解説。

目次

プロローグ 脳を知らずにビジネスはできない
第1章 人は無意識に操られている―消費者の頭の中を知ることはできるか
第2章 記憶を作る―商品開発はユーザーの記憶を知ることから始めよ
第3章 感情と行動を決めるもの―顧客は何を心地よく感じるのか
第4章 人の意思を左右する脳のバイアス―あなたの意思決定は大丈夫か
第5章 脳のトップダウン処理―一流のプロの学ぶ脳の使い方
第6章 クロスモーダル効果―マーケティングに必須の脳のメカニズム知識
第7章 相手を知る「鍵」ミラーニューロン―新しいマーケティング手法への期待
第8章 感情を作る脳内化学物質―重要な神経伝達物質の働き
エピローグ 脳科学が拓くビジネスの未来

著者等紹介

萩原一平[ハギワライッペイ]
株式会社NTTデータ経営研究所情報未来研究センター長、ニューロイノベーションユニット長、研究理事・エグゼクティブコンサルタント。早稲田大学理工学部電気工学科卒業。プリンストン大学大学院電気工学・コンピュータサイエンス(MSE)修了。電機メーカー、シンクタンク勤務を経て、1997年より現職。脳科学、ライフサイエンス、地域経営、環境などの分野でマネジメントや新事業に関するコンサルティングを中心に活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

脳を知ることで仕事の質を高められる。脳とビジネス・経営との関連について日本で最も詳しいひとりである著者が、脳研究の知見に基づき、脳の働きがビジネスとどう関わるのか、注目すべきメカニズムを平易に解説。