• ポイントキャンペーン

日経ビジネス人文庫
経済学殺人事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 311p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784532192136
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

教授任用審査をめぐって、ハーバード大学で連続殺人事件が起き、静かな大学町を震撼させる。功利主義から限界効用学説、情報の経済学までの基本的考え方が、謎解きの過程で読者に身に付くように工夫されたアカデミック・エンターテインメント。

著者等紹介

青木栄一[アオキエイイチ]
翻訳家。1930年生まれ。東京教育大学文学部卒。北海道新聞ワシントン特派員、論説委員、共立女子大学教授などを歴任
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

限界効用から情報の経済学まで、難解な経済理論が楽しく学べる異色ミステリー。ハーバード大学で起きた4人の死をめぐって、ノーベル賞学者フリードマンがモデルといわれる名探偵スピアマンが謎解きに挑戦する。