居場所の社会学―生きづらさを超えて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532168018
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C0036

内容説明

居場所とは、ぶつかり合いながら、時にはひとりで、時にはみんなでつくっていくもの―。フリーター、就活生からリタイア男性、逸脱集団まで、著者自身の居場所探し体験と重ね合わせ、誰もが気持ち良く働き、暮らしていくヒントを示す。

目次

1 職場と居場所(ぶつかり合う居場所―リタイア男性とコミュニティケア;ひとりの居場所―高齢フリーターとバイト先 ほか)
2 社会と居場所(第三の居場所―若者と仲間;『反撃カルチャー』(雨宮処凛著)書評 ほか)
3 ジモトと居場所(ヤンキーの居場所―逸脱集団と地域社会)
特別収録(企業社会vsJポップの30年―阿部真大インタビュー;ポスト3・11の居場所論)

著者等紹介

阿部真大[アベマサヒロ]
1976年岐阜県岐阜市生まれ。東京大学卒。社会学者。甲南大学専任講師。専門は労働社会学、家族社会学、社会調査論。ポスト日本型福祉社会におけるセーフティネットのあり方について社会学的な見地から考えている。みずからの著作活動を「落ちても安心な社会」を求める人々に対する社会学者からの回答と位置づけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。