居場所の社会学―生きづらさを超えて

個数:

居場所の社会学―生きづらさを超えて

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532168018
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C0036

内容説明

居場所とは、ぶつかり合いながら、時にはひとりで、時にはみんなでつくっていくもの―。フリーター、就活生からリタイア男性、逸脱集団まで、著者自身の居場所探し体験と重ね合わせ、誰もが気持ち良く働き、暮らしていくヒントを示す。

目次

1 職場と居場所(ぶつかり合う居場所―リタイア男性とコミュニティケア;ひとりの居場所―高齢フリーターとバイト先 ほか)
2 社会と居場所(第三の居場所―若者と仲間;『反撃カルチャー』(雨宮処凛著)書評 ほか)
3 ジモトと居場所(ヤンキーの居場所―逸脱集団と地域社会)
特別収録(企業社会vsJポップの30年―阿部真大インタビュー;ポスト3・11の居場所論)

著者等紹介

阿部真大[アベマサヒロ]
1976年岐阜県岐阜市生まれ。東京大学卒。社会学者。甲南大学専任講師。専門は労働社会学、家族社会学、社会調査論。ポスト日本型福祉社会におけるセーフティネットのあり方について社会学的な見地から考えている。みずからの著作活動を「落ちても安心な社会」を求める人々に対する社会学者からの回答と位置づけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。