アメリカに犬はいない―ハイブリッド人間の日米観

個数:
  • ポイントキャンペーン

アメリカに犬はいない―ハイブリッド人間の日米観

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 00時27分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 226p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532166595
  • NDC分類 914.6

内容説明

異国の全てをそのまま受け容れよ!脳神経医学の権威が40年間の米国生活で理解した“たったひとつの真理”とは。

目次

1 私のアイデンティティー
2 後天性ハイブリッド人間の発生
3 祖国を彷徨う異邦人
4 アメリカってどんな国?
5 アメリカ人ってどんな人?
6 ときどき理屈に合わないその言葉
7 うまいものは「美味い」
8 アメリカに犬はいない
9 医療の底辺を持ち上げよう

著者紹介

武井義雄[タケイヨシオ]
1937年生まれ。1964年、東北大学医学部卒。1968年、渡米。1970年、エール大学医学部神経病理学講師就任(翌年、助教授)。1973年、請われてエモリー大学に神経病理学部を新設、初代部長・主任教授就任。1990年、エモリー大学ウッドルフ・ヘルス・サイエンス・センター国際部長就任。以降、9年間にわたり「日米保健医療シンポジウム」を主催。1997年、医療関係の企業向けコンサルティング等を行う、インターナショナル・メディカル・アドヴァイザー社を創設。2006年、すべての医療関係業務から引退、執筆活動に専念する。マイク・マンスフィールド賞受賞(1988年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

異国の全てをそのまま受け容れよ!
そこにいるのはドッグだ! 日本語を訳すから見えなくなる「素顔」を脳外科の世界的権威が綴る「自由の国」米国のカルテ。あの国が理解でき、日本のよさ・悪さも見えてくる、おもしろくてためになる体験的エッセイ。