文化の対話力―ソフト・パワーとブランド・ナショナリズムを越えて

個数:

文化の対話力―ソフト・パワーとブランド・ナショナリズムを越えて

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 293p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532166465
  • NDC分類 361.5
  • Cコード C0036

内容説明

グローバル化は、「日本の文化」をどう変貌させたのか?クール・ジャパン現象、観光立国戦略、韓流ドラマブーム…「日本的」なるものはいかに再定義され、国益と国籍に結びつけられているのか、文化をナショナルなものへと回帰させようとする市場力学と近年の文化政策論議を今日の多文化状況を指摘しつつ批判的に検討し、文化の対話力を最大化する方策を探る。

目次

序章 国を越える文化の対話力
1章 文化の越境流動と国民の包摂と排除
2章 ソフト・パワーからブランド・ナショナリズムへ
3章 メディアがつなぐ「アジア」と文化対話の(不)可能性
4章 韓流が「在日韓国人」と出会うとき―トランスナショナル・メディア交通とローカル多文化政治の交錯
5章 「普通の外国人」求む!―マルチナショナリズムとメディアをとおした社会参加
6章 メディア・シティズンシップ―対話的な関係性との邂逅に向けて

著者紹介

岩渕功一[イワブチコウイチ]
早稲田大学国際教養学部教授。専門はメディア・文化研究。ウェスタン・シドニー大学(オーストラリア)Ph.D.。博士論文はオーストラリア・アジア研究学会最優秀博士論文賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)