平成漢字語往来―世相を映すコトバたち

個数:
  • ポイントキャンペーン

平成漢字語往来―世相を映すコトバたち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 11時57分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 300,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532165888
  • NDC分類 810.4

内容説明

新聞をにぎわす日本語になった156の漢字コトバの履歴を中国古典に照らしてさかのぼり、時に洒脱なユーモアで当世漢字事情への皮肉をチクリ。驚きと発見に満ちた痛快な日本語コラム集。

目次

1 甲申(平成十六年、二〇〇四年)の漢字コトバ(写真;画餅;青春 ほか)
2 乙酉(平成十七年、二〇〇五年)の漢字コトバ(日本;反面教師;文学 ほか)
3 丙戌(平成十八年、二〇〇六年)の漢字コトバ(座右銘;大器晩成;駅伝 ほか)

著者紹介

興膳宏[コウゼンヒロシ]
1936年福岡市生まれ。京都大学名誉教授。専攻は中国語学・中国文学。文学博士。京都大学文学部卒業、同大学院文学研究科博士課程修了。名古屋大学を経て京大文学部教授、京大文学部長を歴任。京大退官後、京都国立博物館長を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

新聞に頻出する漢字の中国と日本における意味の違いや本来の用法を、この分野の碩学が該博な知識でやさしく解説する”時事漢字”の入門書決定版! 普段何気なく使う漢字言葉から時代の気分まで浮かび上がってくる。