• ポイントキャンペーン

頭脳のスタジアム―一球一球に意思が宿る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532165314
  • NDC分類 783.7

内容説明

「たかが選手」とは言わせない!緻密な計算に基づく周到な準備、そして瞬時の判断―。球界の正統なる遺伝子を受け継ぐ8人にプロ野球の“神髄”を見た。

目次

第1章 仮説を立て実験する野球脳―球場全体を支配する―松坂大輔(先発右投手)
第2章 心を読む―一球たりとも根拠のないサインは出さない―城島健司(捕手右打者)
第3章 ホームランを打つ脳―神経をギュッと絞って甘い球を待つ―松中信彦(内野手左打者)
第4章 0.1秒の秘密―頭にも汗をかかないと筋肉は目覚めない―和田毅(先発左投手)
第5章 野球の「粋」―難しい打球を凡ゴロのように捕る―宮本慎也(内野手右打者)
第6章 試合に向かう脳の準備―球を待つ限界域を見つける―和田一浩(外野手右打者)
第7章 160kmの追求―力を抜いて力を出す―五十嵐亮太(速球右投手)
第8章 一球に込める魂―1000分の1秒の世界にこだわる―豊田清(抑え右投手)

著者紹介

吉井妙子[ヨシイタエコ]
スポーツジャーナリスト。宮城県生まれ。新聞社に13年間勤務後、91年からフリーとして独立。『帰らざる季節―中嶋悟F1五年目の真実』(文芸春秋)で91年度ミズノスポーツライター賞受賞