• ポイントキャンペーン

天才信長を探しに、旅に出た

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 216p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532164225
  • NDC分類 210.47

内容説明

旧体制を打ち壊し、西欧列強に対抗しうる日本を造ろうとした信長。もう一人の天才前久との宿命の対決。最新研究による書き下ろし意欲作。

目次

第1紀行 信長のゆりかご
第2紀行 骨肉相食む
第3紀行 決戦桶狭間
第4紀行 岐阜に立つ
第5紀行 電光石火の上洛
第6紀行 比叡山焼き討ち
第7紀行 信長包囲網
第8紀行 前久との蜜月
第9紀行 ヴァリニャーノの要求
第10紀行 本能寺の変

著者紹介

安部龍太郎[アベリュウタロウ]
1955年福岡県生まれ。国立久留米高専卒業後、作家を志して上京。区立図書館に勤めながら同人誌で作品を発表。85年退職。89年から1年間「週刊新潮」で「日本史血の年表」(本は『血の日本史』に改題)を連載し、衝撃的なデビューをした。その評価から、「隆慶一郎が最後に会いたがった男」という“伝説”が生まれた。その後、次々と力作を発表し、歴史小説の次代を担う気鋭の作家として大きな期待を集めている

出版社内容情報

戦国乱世を終焉させ近代の扉を開いた信長。この桁外れに器の大きな男はいかに形成されたのか。因習を打破し日本を造り変えようとした真意は何か。謎を追い戦歴の軌跡をたどって、改革者信長を鮮烈に描き出した傑作。