復興の空間経済学―人口減少時代の地域再生

個数:

復興の空間経済学―人口減少時代の地域再生

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年07月06日 05時26分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 281p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784532134785
  • NDC分類 601.122
  • Cコード C3033

内容説明

本書は、被災地域に焦点を当てているものの、被災地域のことだけを考えるのではなく、日本経済全体の一部として地域が安定的に存立するように回復する条件を探ることを目的としている。空間を一般均衡システムとして扱う空間経済学から復興を考える場合、被災地だけを切り出すことは不可能であり、対になる問題として日本経済全体がどうあるべきかを常に考えなければならない。本書はそのような分析を行った初めての成果である。

目次

第1章 人口と国土システムの長期的変遷
第2章 空間経済学から見た国土システムの変容過程と復興政策のあり方
第3章 写真とデータで見る東日本大震災からの復興の歩み
第4章 被災地における人口減少と創造的復興
第5章 自然資源に基づく復興
第6章 サプライチェーンの強靱化
第7章 地域コミュニティの再生
補論 人口減少社会のための空間経済学理論

著者等紹介

藤田昌久[フジタマサヒサ]
甲南大学特別客員教授、京都大学経済研究所特任教授、日本学士院会員。1966年京都大学工学部土木工学科卒業、72年ペンシルバニア大学大学院博士課程地域科学専攻修了、73年京都大学工学部土木工学科助教授、76年ペンシルバニア大学地域科学部助教授、81年ペンシルバニア大学地域科学部準教授、86年ペンシルバニア大学地域科学部教授、94年ペンシルバニア大学経済学部教授、95‐2007年京都大学経済研究所教授、03‐07年日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所所長、07‐16年経済産業研究所所長

浜口伸明[ハマグチノブアキ]
神戸大学経済経営研究所教授。1987年大阪外国語大学ポルトガル・ブラジル語学科卒業、同年アジア経済研究所開発研究部研究員、95年ペンシルバニア大学大学院地域科学研究科博士課程修了(Ph.D.)、2004年神戸大学経済経営研究所助教授、07年神戸大学経済経営研究所教授、12‐14年神戸大学経済経営研究所所長、11‐経済産業研究所地域経済プログラムディレクター

亀山嘉大[カメヤマヨシヒロ]
佐賀大学経済学部教授。1996年中央大学経済学部経済学科卒業、98年京都大学大学院経済学研究科修士課程修了、2003年東京都立大学大学院都市科学研究科博士課程単位取得後退学、同年国際東アジア研究センター一般研究員、07年京都大学博士(経済学)、同年国際東アジア研究センター上級研究員、09年同センター主任研究員、10年香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授、13年佐賀大学経済学部准教授、15年同大学教授、16年同大学経済学部地域研究センター長、同年アジア成長研究所客員主席研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

東日本大震災がもたらしたのは、人口減少時代の復興という難問だ。空間経済学の第一人者が、人口減少時代の地域再生策を提言する。◆空間経済学を現実問題に初めて適用
本書は、最先端の経済学である空間経済学を、第一人者が東日本大震災からの復興という喫緊の課題の分析に応用する初めての試み。近代経済学による体系的復興分析は未だになされておらず、本書の試みは高く評価されると思われます。少子高齢化の進む中で個々の被災地が創造的に復興し、国全体が均衡的にさらに発展していくために、日本のすべての地域におけるイノベーションの活性化が鍵となります。この観点からも、イノベーション・モデルを中心とする空間経済学は、適切な分析の枠組みであるとともに、有効な政策提言を提示できます。
本書は、空間経済学に基づいて三陸地域沿海部に焦点を当てて分析を行い、復興の障害となる問題、復興政策の課題について考察します。

第1章 人口と国土システムの長期的変遷

第2章 空間経済学から見た国土システムの変容過程と復興政策のあり方

第3章 写真とデータで見る東日本大震災からの復興の歩み

第4章 被災地における人口減少と創造的復興

第5章 自然資源に基づく復興

第6章 サプライチェーンの強靱化

第7章 地域コミュニティの再生

補 論 人口減少社会のための空間経済学理論

藤田 昌久[フジタマサヒサ]
著・文・その他

浜口 伸明[ハマグチノブアキ]
著・文・その他

亀山 嘉大[カメヤマヨシヒロ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件