日経文庫<br> 会計学入門 (第5版)

個数:
電子版価格
¥946
  • 電書あり

日経文庫
会計学入門 (第5版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月23日 22時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 210p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784532113957
  • NDC分類 336.9
  • Cコード C1234

出版社内容情報

利益の計算から財務諸表の作成・公開まで解説。「なぜそうなるのか?」が初心者でもしっかりわかる、名テキストの最新版!簿記がわからなくても大丈夫
初学者向けのロングセラー!

1996年初版刊行、累計10万部以上のロングセラーテキストの最新版です。
本書はタイトル通り会計学の定番入門書として、大学や企業による教科書採用も多いのが特徴です。
今回の新版化では、以下のような改訂を行います。

(1)準拠した会計基準の年度更新
第5版では2018年3月31日現在の会計基準に準拠したものにする。
特に、2018年3月30日確定の「収益認識に関する会計基準」は重要。

(2)巻末に資料として転載している財務諸表の実例の更新(2018年3月期データ)

(3)これ以外に、解説中で引用したデータを全面的に更新します。

第1章 会計の役割

第2章 利益計算の仕組み

第3章 利益計算のルール

第4章 売上高と売上債権

第5章 棚卸資産と売上原価

第6章 固定資産と減価償却

第7章 金融活動の資産と損益

第8章 営業上の負債と他人資本
     
第9章 資本の充実と剰余金の分配

第10章 財務諸表の作成と報告

第11章 連結財務諸表

桜井 久勝[サクライヒサカツ]
著・文・その他

内容説明

本書は、初めて学ぶ人を対象に財務会計の制度とその背景にある会計学の理論をわかりやすくコンパクトに解説します。著者は会計学の第一人者。1996年の初版刊行以来、内容の網羅性と簡潔な記述で高い評価を受けているロングセラーテキストの最新版です。利益の計算から財務諸表の作成・公開まで網羅。基礎知識が身につきます。収益認識に関する会計基準の変更もフォローしています。簿記などの予備知識がない人でも独力で理解できるよう、簡潔でわかりやすい記述を心がけました。

目次

第1章 会計の役割
第2章 利益計算の仕組み
第3章 利益計算のルール
第4章 売上高と売上債権
第5章 棚卸資産と売上原価
第6章 固定資産と減価償却
第7章 金融活動の資産と損益
第8章 営業上の負債と他人資本
第9章 資本の充実と剰余金の分配
第10章 財務諸表の作成と報告
第11章 連結財務諸表

著者等紹介

桜井久勝[サクライヒサカツ]
関西学院大学商学部教授。1952年兵庫県生まれ。75年神戸大学を卒業。77年公認会計士試験に合格。79年神戸大学助手。92年博士(経営学・神戸大学)の学位を取得。2016年に神戸大学教授を退職し現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちくわ

4
会計学の入門書。桜井先生が書かれている入門書ということなので読んでみる。本書では、利益計算の仕組みから財務諸表の作成・報告まで、会計学に関わる事象についての概要を一通り記述している。文章自体もわかりやすく、よくあるアンチョコ本を読むよりは、本書籍でしっかりと基礎を身に着けた方が良いと感じる。個人的には、簿記で学んだ仕訳方法は一体何に役に立つのかという視点が意識されているのが良かった。簿記を学んだ後に、その意味を考える本として良いと感じる。2023/01/17

K

0
お金は右から左へ流れる 引当金の勘定 有価証券の評価額2020/08/23

タキモト

0
世の中にある「分かりやすいxxxx」的な本を下手に読むより、結局普通に勉強するのが理解しやすいんだということがよく分かる本だった。ただ、後半部分からの各科目ごとの会計上の考え方については時折難しい箇所もあり、まだまだ自分の財務知識が浅いことを思い知らされた。2020/04/29

かぼす

0
実務を始める前に読めばよかった。考え方を幅広く書いている本なので実務上気になる部分についての記述はなかった。2020/02/18

Galileo

0
会計学をもう一度勉強しようと思い、読みました。最近の変更点も記載されており、わかりやすかったと思います。2019/07/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12984307
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。