日経文庫<br> メンタルヘルス入門

個数:

日経文庫
メンタルヘルス入門

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 189p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784532111359
  • NDC分類 498.8
  • Cコード C1247

内容説明

ストレス、心の病、問題を抱えた部下への対応方法など、管理者に求められる知識を体系的に解説。管理者なら最低限知っておきたい必須知識。

目次

1 なぜ職場のメンタルヘルスが重要か(心の健康が悪化している;増え続ける職場のストレス;メンタルヘルスとは心の健康の保持・増進;組織にとってのメンタルヘルス対策の意義)
2 心のトラブルが起きるメカニズム(ストレスについて知ろう;私たちが持っているストレスへの対処方法;ストレス反応には三つの種類がある;ストレス反応には個人差がある;ライフサイクルとメンタルヘルス)
3 知っておきたい心の病―症状と治療法(うつ病;パニック障害(不安発作)
そのほかに知っておきたい心の病)
4 組織でメンタルトラブルを防ぐ(産業保健における国の対策;企業と管理監督者には安全配慮義務がある;組織で取り組むストレスマネジメント;復職の進め方)
5 管理者が知っておきたいメンタルトラブル予防法(役割が大きいラインによるケア;傾聴法で聞き上手になる;早期発見のためのポイント)

著者等紹介

島悟[シマサトル]
1951年京都生まれ。1975年慶應義塾大学医学部卒業。医学博士。日本鋼管病院神経科医長・精神衛生室長などを経て現職。専門は勤労者のメンタルヘルス。クリニックではEAP事業を展開し、産業保健スタッフ・管理者向けの研修などを幅広く行う。厚生労働省の「働く女性の身体と心を考える委員会」「過重労働・メンタルヘルス対策等実施支援委員会」「職場におけるメンタルヘルス対策のあり方検討委員会」「メンタルヘルス教育等カリキュラム作成委員会」等の委員や、地方公務員安全衛生推進協会「メンタルヘルス二次予防対策研究会」委員を務めた。現在、精神科医。産業精神保健研究所所長・神田東クリニック院長。京都文教大学人間学部臨床心理学科教授。世界精神医学会産業精神医学部門長。日本EAP協会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。