おしゃれな普段着とバッグ―丸屋米子の着物地で、いつも着たい服

個数:

おしゃれな普段着とバッグ―丸屋米子の着物地で、いつも着たい服

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 128p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784529051613
  • NDC分類 593.36

内容説明

オールシーズン楽しみたい、作りやすい着やすい48点。何着も欲しい定番のチュニックやスカート、パンツは実物大型紙つき。

目次

基本がよくわかるリメイクの基礎ノート(リメイクに適した着物地;着物の部分名称とほどいた寸法の目安;着物のほどき方、洗い方、整え方 ほか)
丸屋米子の着物地でいつも着たい服 おしゃれな普段着とバッグ(何着も欲しい毎日着 私の定番;ちょっとしたお出掛けのおしゃれな外出着;おしゃれのパートナー バッグと小もの ほか)
How to Make 作品の作り方(製図から縫い始めるまで)

著者紹介

丸屋米子[マルヤヨネコ]
1948年東京吉祥寺生まれ。1970年、結婚と共に青森県五戸町に住む。1983年に「ブティック・ジョアン」をオープン。この頃からパッチワークを始め、本格的に和布をコンセプトとする創作に取りかかる。1990年にアトリエ兼ブティックとして「ジョアン」と改名。1993年に「ジョアン(アトリエ)」を自宅敷地内にオープン。2003年には「ギャラリージョアン」として、古民家風なギャラリー兼ショップをオープンし、現在に至る。2010年には吉祥寺にも「ジョアンTOKYO office」をオープン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)