子どもの性同一性障害に向き合う―成長を見守り支えるための本

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

子どもの性同一性障害に向き合う―成長を見守り支えるための本

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月21日 12時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784528021853
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C2047

内容説明

自分の性別に違和感を抱く子どもに親と先生ができることとは?大切な未来をよりよく考える!

目次

1 性同一性障害当事者の世界から
2 性同一性障害・性同一性障害当事者とは
3 事例に見る性同一性障害当事者の声
4 親にできる心の準備と用意
5 学校や先生ができる合理的配慮
6 生きづらさの理解のために
7 性同一性障害と共に生きていくには

著者等紹介

西野明樹[ニシノアキ]
臨床心理士、心理学博士。一般社団法人gid.jp日本性同一性障害と共に生きる人々の会代表理事。日野市立子ども家庭支援センター心理専門相談員。高幡心理相談所所長。認定特定非営利活動法人がんサポートコミュニティーファシリテーター。目白大学大学院心理学研究科(2015年、博士号(心理学)取得)。1980年代に女児として出生。10代終わりに「性同一性障害」という言葉に出会い、それまで内に隠していた「どこか周りとは違う」という感覚が性別違和感によるものだと認識。埼玉大学在学中に性別移行を模索し始め、「性同一性障害当事者の社会的適応上の苦難と試行錯誤」を研究テーマに据える。その後、困難に直面した人々の悩みに寄り添いながら、臨床心理的援助活動・援助の質を高めるための研究活動などを行ってきた。性同一性障害の当事者性をもった稀少な臨床心理士として、全国の当事者やその家族、当事者団体の相談を受けるとともに、将来の教育や医療を担っていく学生やスクールカウンセラー、行政職員、一般市民、中高生などを対象とした講演や研修の講師なども精力的に務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。