自然再生をビジネスに活かすネイチャーポジティブ―企業成長につなげる環境世界目標

個数:

自然再生をビジネスに活かすネイチャーポジティブ―企業成長につなげる環境世界目標

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月23日 23時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 160p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784526082764
  • NDC分類 519.13
  • Cコード C3034

出版社内容情報

世界目標である「ネイチャーポジティブ」を軸に、ビジネスと生物多様性をめぐる最新動向を紹介するとともに、経営者、企業の推進担当者、社会人がネイチャーポジティブを考え、実践するための情報を網羅する。

内容説明

生物多様性を減少傾向からの反転、つまり回復軌道に乗せる目標。これが「ネイチャーポジティブ」だ。カーボン・ニュートラル、サーキュラー・エコノミー、に続く第3の柱。生物多様性を守って、そして増やす企業がステークホルダーに認められる。

目次

第1章 ビジネスは生物多様性に依存している(企業経営に生物多様性は不可欠なもの;昆明・モントリオール生物多様性枠組みは企業活動の参考となる活動指針;「30by30」達成へ、企業緑地も評価する「自然共生サイト」スタート ほか)
第2章 専門家が語るネイチャーポジティブ(インタビュー 馬奈木俊介氏 九州大学主幹教授;解説 TNFDの目指すものとその最新状況;解説 海洋におけるネイチャーポジティブの実現と、それを阻むIUU漁業 ほか)
第3章 実践企業に学ぶネイチャーポジティブ(NEC 我孫子事業場四つ池;パナソニック 草津拠点「共存の森」;MS&ADグループ)

著者等紹介

松木喬[マツキタカシ]
日刊工業新聞社。記者。1976年生まれ、新潟県出身。2002年、日刊工業新聞社入社。2009年から環境・CSR・エネルギー分野を取材。日本環境ジャーナリストの会副会長、日本環境協会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。