実践!モジュラー設計―新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

個数:

実践!モジュラー設計―新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月16日 11時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784526080715
  • NDC分類 509.63
  • Cコード C3053

出版社内容情報

モジュラー設計の導入に当たり最低限実施すべき準備と、モジュール分割の考え方やコツをケーススタディを通じて、現場設計者が理解できるように解説する。

内容説明

その流用、待った!先人のノウハウを有効活用!モジュラー設計が、ケーススタディでわかる。

目次

第1章 受け身の流用設計から攻めの流用設計へ(間違ったモジュール化;間違ったモジュール化運用;モジュールのコア技術;第1章まとめ“受け身の流用設計から攻めの流用設計へ”)
第2章 あるべき開発プロセスから逆算する(設計開発プロセスのあるべき姿;問題を先送りにするプロセスとは;フロントローディングとコンカレントエンジニアリング;第2章まとめ“あるべき開発プロセスから逆算する”)
第3章 モジュラー設計(モジュラー設計の時代の変遷;モジュラー設計の全体図とポリシー;モジュール化の進め方;第3章まとめ“モジュラー設計”)
第4章 ケーススタディ ミニ四駆のモジュール化(モジュール化機能階層のポイント;モジュール化区分のポイント;モジュール化のポイント;第4章まとめ“ケーススタディ ミニ四駆のモジュール化”)
第5章 モジュールの運用と変化点管理(モジュールを正しく運用するための考え方;モジュール運用プロセス;運用に必要なツール(仕様モジュール)
モジュール以外の新規設計部分の管理(変化点管理)
DRBFMを活用する
第5章まとめ“モジュールの運用と変化点管理”)

著者等紹介

中山聡史[ナカヤマサトシ]
大阪府大阪市出身。関西大学機械システム工学科卒業後、大手自動車メーカーにてエンジン設計、開発、品質管理、環境対応業務等に従事。ほぼすべてのエンジンシステムに関わり、海外でのエンジン走行テストなども多く経験。現在、株式会社A&Mコンサルトにて製造業を中心に設計改善、トヨタ流問題解決の考え方を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nishi

1
モジュラー設計の実践方法がわかりやすく記載されている。わかりやすさや理解のしやすさでは日野先生のものよりも優れている点が多いと思う。特に図解が多いところ、具体例が豊富なところが良かった。 入門編としてこれを読んで日野先生の本を活用することが学びやすいのかと思う。2021/01/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16139748
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。