数学者と哲学者の密室―天城一と笠井潔、そして探偵と密室と社会

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり

数学者と哲学者の密室―天城一と笠井潔、そして探偵と密室と社会

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月19日 02時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 364p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784523265962
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

本格ミステリの探偵はどのような推理をすべきか?密室などのトリックはどうあるべきか?そして、社会とどう対峙すべきか?戦中派の天城一と戦後派の笠井潔の作品からその答えを探し求める評論書!

目次

第1部 数学者と哲学者の探偵―探偵のレトリック(天城一の探偵;笠井潔の探偵)
第2部 数学者と哲学者の密室―戦争と密室(天城一と笠井潔の密室;天城一と笠井潔の応酬)
第3部 数学者と哲学者の社会―社会への批判(天城一の社会;笠井潔の社会)

著者等紹介

飯城勇三[イイキユウサン]
1959年宮城県生まれ。東京理科大学卒。エラリー・クイーン研究家にしてエラリー・クイーン・ファンクラブ会長。2011年『エラリー・クイーン論』(論創社)で第11回本格ミステリ大賞・評論部門を2018年に『本格ミステリ戯作三昧』(南雲堂)で第18回本格ミステリ大賞・評論部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

engidaruma2006

10
天城一と笠井潔を比較し、類似点を考察しながら本格ミステリを論じている評論書。私は天城作品はそこそこ読んでいるけど、笠井作品は殆ど読んでいないので、類似点と言われてもピンと来なかったが、読み終わったら確かに似ている2人なんだなあと思えた。密室論にもなっていて、毎度の事ながらこの著者の評論は鋭い。 評論の宿命として、作品のネタバレも書かれているが、この先もおそらく読まないだろうから気にならなかった。これから読もうとしている人は注意が必要。労作ではあるけど定価三千円ねえ。売れるのか?(^-^)2020/10/14

1
関係ないと思っていた2つの事柄に、ある補助線を引くことで一緒に論じられることに気づく。その「補助線」を見つけた著者の喜びと興奮が伝わってくる。評論集を読む楽しさは、その著者の興奮した口調と、その「補助線」によって見えてくるものを読者に提示する筆さばきにある。著者の興奮と併走するように、一気に読了した。いくつかの論点が、紙面の都合で詳細に論じられていないのが残念。ぜひここで見つけた論点を、掘り下げていって欲しい。2020/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16416477

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。