マンガでスッキリ!疲れを取るなら脳を休めなさい

個数:

マンガでスッキリ!疲れを取るなら脳を休めなさい

  • ウェブストアに27冊在庫がございます。(2018年06月24日 04時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 127p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784522435762
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C2047

内容説明

すべての疲れは“自律神経”を癒やせば取れていく!

目次

ジョギング編―運動で疲れているのは「筋肉」じゃなくて「脳」だった!
食事編―疲れを取るなら「牛肉」「ウナギ」「ニンニク」じゃなくて「鶏の胸肉」
就寝編―寝ている間中、「風船」をふくらませていませんか?
起床編―毎朝いきなり「ライオンと戦う」モードじゃ「脳」はぐったり
出社編―疲労対策のマストアイテム、それは「サングラス」だった!
残業編―栄養ドリンクは疲労回復効果がないだけでなく、もっとコワいことが…
入浴編―「肩までどっぷり」の入浴が今夜の快眠をさまたげる
運転編―そもそも人間の「脳」は「集中できない」仕組みになっていた!
PCワーク編―目の痛み、肩こり、頭痛…「眼精疲労」で疲れているのは「目」ではなかった!
サッカー編―衰えていたのは「筋肉」じゃなくて「脳の自律神経」だった!
温泉編―旅先でのアクティブ行動は「不安」の表れだった
リビング編―なぜ、こんなに疲れてるのかわからない…そんなあなたは「人疲れ」では?
情報過多の時代の切り札、それは「手抜き」をすること!

著者等紹介

梶本修身[カジモトオサミ]
医学博士。大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授。東京疲労・睡眠クリニック院長。1962年生まれ。大阪大学大学院医学研究科修了。2003年より産官学連携「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」統括責任者。ニンテンドーDS『アタマスキャン』をプログラムして「脳年齢」ブームを起こす

ふじいまさこ[フジイマサコ]
藤井昌子。コミカルイラストレーター・漫画家。雑誌や書籍を中心に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。