考える力・知的好奇心を育てる 子どもに教えたいふしぎのお話365

個数:

考える力・知的好奇心を育てる 子どもに教えたいふしぎのお話365

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年10月15日 23時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5変判/ページ数 415p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784522430668
  • NDC分類 K031
  • Cコード C8076

内容説明

子どもたちの考える力と知的好奇心を育てる、いろいろなふしぎについて、わかりやすく解説。親子一緒に考えながら、楽しく学んでいける。お話の内容は、「生きもの」「宇宙」「科学」「自然」「人体」「みのまわり」の計6ジャンル。お子さまがさまざまなものに興味を抱けるよう、たくさんのふしぎを盛り込んでいる。お子さまの理解を手助けする、イラストや写真をオールカラーで掲載。巻末には、お子さまのぎもんに素早く答えられる「こたえ」ページを掲載している。

目次

どうしてお正月はお祝いをするの?
どうして夢を見るの?
おせち料理ってなあに?
どうして線路には石があるの?
イチゴのツブツブってなあに?
魚は、水の中でも音やにおいがわかるの?
七草がゆってなあに?
どうして冬はおしっこに行く回数が増えるの?
どうしてお坊さんは髪の毛をそっているの?
パトカーが白黒なのはなぜ?〔ほか〕

著者等紹介

篠原菊紀[シノハラキクノリ]
1960年、長野県生まれ。東京大学大学院博士課程(健康教育学)を経て、諏訪東京理科大学共通教育センター教授。東京理科大学総合研究機構併任教授。学生相談室長。専門は脳神経科学、応用健康科学。テレビ、雑誌等での解説・実験監修のほか、教育産業・アミューズメント事業などとの共同研究を多数行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「どうして海には波があるの?」「人間にしっぽがないのはなぜ?」など、子どもたちがふしぎに思うことを一年分(365日)集めて、分かりやすいお話にまとめました。知ること、考えることが楽しくなる一冊。プレゼントにもおすすめ!