死にゆく患者の心に聴く―末期医療と人間理解

個数:

死にゆく患者の心に聴く―末期医療と人間理解

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784521010113
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0047

目次

第1章 ホスピスの現場から―実際例を通して(癌告知と否定の死;癌告知と人生の質;闘いの死と受容の死 ほか)
第2章 病名・病状の告知(病名告知の是非;病名・病状を伝えた後の対応)
第3章 体の痛みと心の痛み(痛みと精神的ケア;宗教的な痛み)
第4章 チーム医療のコミュニケーション(チームアプローチ;コミュニケーションのひろがり)
第5章 死の教育(死の準備;死と家族;死を看取る医療と医師)

出版社内容情報

《内容》 ホスピスケア20年の経験を踏まえ,癌告知の是非,緩和ケア・精神的ケアの実践,QOLの重要性,チーム医療や家族の問題などターミナルケア全体と充実した死のあり方を問う.    《目次》 ■第1章 ホスピスの現場から 実際例を通して 癌告知と否定の死 癌告知と人生の質 闘いの死と受容の死 日常生活動作を支えるということ 壁を持った患者とのコミュニケーション 親の死と青年 死を前にした家族関係 カウンセリングと時制 対人関係と感情の表現 魂のケア 最期の望み 死別後の悲嘆 ■第2章 病名・病状の告知 病名告知の是非 病名・病状を伝えた後の対応 ■第3章 体の痛みと心の痛み 痛みと精神的ケア 宗教的な痛み ■第4章 チーム医療とコミュニケーション チームアプローチ コミュニケーションのひろがり ■第5章 死の教育 死の準備 死と家族 死を看取る医療と医師