地域の中小企業と信用保証制度―金融危機からの愛知経済復活への道

個数:
  • ポイントキャンペーン

地域の中小企業と信用保証制度―金融危機からの愛知経済復活への道

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年12月16日 18時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 236p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502679001
  • NDC分類 338.55
  • Cコード C3034

内容説明

金融論の研究者と愛知県信用保証協会が共同で実施した愛知県の中小企業金融および信用保証制度に関する研究の成果。

目次

グローバル金融危機に直撃された愛知経済
アンケート実施前後の信用保証制度および愛知県の信用保証の状況
信用プログラムの理論―信用保証制度の基本機能を理解するために
愛知県の中小企業金融と信用保証制度に関する企業意識調査―愛知県信用保証協会アンケート調査結果
グローバル金融危機下の信用保証制度の役割―愛知県信用保証協会アンケートの分析
債務超過企業における信用保証制度の利用状況からみた課題
グローバル金融危機下のメインバンクとの取引―アンケート調査からわかること
愛知県の中小企業融資における金利設定行動―信用保証利用企業のデータを用いた分析
地域金融機関のプレゼンスと信用保証制度―愛知県の市町村データを用いた分析
グローバル金融危機下の愛知県の信用保証制度―むすびにかえて

著者紹介

家森信善[ヤモリノブヨシ]
名古屋大学大学院経済学研究科教授、名古屋大学総長補佐(社会連携担当)。1963年滋賀県に生まれる。1988年神戸大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。姫路獨協大学助教授などを経て、現在に至る。経済学博士(名古屋大学)。全国信用保証協会連合会創立五十周年記念懸賞論文優秀賞(2001年)、商工総合研究所中小企業研究奨励賞本賞(2005年)など受賞。これまで、愛知の金融経済に関して、愛知県・中小企業金融施策検討委員会・委員長(2006年)、東海財務局・金融行政アドバイザリー(2005年~)、名古屋証券取引所アドバイザリーコミッティー委員(2008年~)などをつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)