• ポイントキャンペーン

適正人員・人件費の算定実務

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502674808
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C3034

内容説明

経営環境が激変するなかで、人件費をコストとして捉え、いかに余剰なコストを生まないよう人員を削減するか、という視点からの人員管理が強化されてきた。本書ではこの視点をさらに発展させ、経営計画実現のために必要な人員数を明確にし、彼らが適正な人件費で最大なパフォーマンスをあげる手法を理論的に構築・運営することによって、経営により直接的に貢献する人員管理のあり方を示す。

目次

第1章 適正な人件費とは(適正な人件費管理の必要性;適正人件費の考え方;適正人員と適正人件費単価)
第2章 人件費分析手法(人件費分析の考え方;具体的な分析手法)
第3章 業務分析による適正人員算定(業務分析による適正人員算定方法の概要;算定プロセス;全体計画フェーズ;現行業務業務調査フェーズ;業務量適正化検討フェーズ;人員適正化検討フェーズ)
第4章 適正人件費単価(適正人件費単価算定の目的と方法;人件費単価の構造と算定範囲;賃金ベンチマーク方式;過去の賃金支払い実績と比較する方式;その他の方式;適正人件費実現の方策)
第5章 人件費の適正化施策(人件費を下方修正するための適正化施策;人件費を上方修正するための適正化施策;人件費管理の構造改革による人件費の適正化)