スポーツスポンサーシップの基礎知識と契約実務

個数:

スポーツスポンサーシップの基礎知識と契約実務

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月21日 00時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 212p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502474118
  • NDC分類 780
  • Cコード C3032

出版社内容情報

スポンサーとライツホルダーの双方の視点を整理し、基礎から法律関係、リスクマネジメント、契約実務までをフォロー。マーケティングの知識がなくてもスッキリ理解できる。

内容説明

本書は、スポーツスポンサーシップに携わり、またはこれから取り組もうとする企業やライツホルダー(選手、チーム、団体など)が理解しておきたい基礎について、わかりやすく整理している。あわせて、スポンサーシップの基礎を踏まえた上で、実際に交渉し、契約書を作成する上で注意すべき法律的・実務的なポイントを、サンプル契約書(条項)を使いながら解説している。

目次

1 スポーツスポンサーシップってナンだ?(意味;ライツホルダー側の目的 ほか)
2 スポーツスポンサーシップの対象と交渉(スポーツの構造とスポンサーシップ;スポンサーシップの選定 ほか)
3 スポンサーシップの法律関係(スポンサーシップの「法的権利」;各レベルのライツホルダーそれぞれのポイント)
4 スポンサーシップのリスク・コンプライアンス(スポンサーシップに関連するリスクと対応方法;スポンサーシップのコンプライアンス)
5 具体的な契約内容とポイント(契約書サンプルの趣旨;選手によるシューズ・アパレルのエンドースメント契約)

著者等紹介

加藤志郎[カトウシロウ]
弁護士(日本・カリフォルニア州)、長島・大野・常松法律事務所パートナー。スポーツエージェント、スポンサーシップ、スポーツ施設その他のスポーツビジネス全般、スポーツ仲裁裁判所(CAS)での代理を含む紛争・不祥事調査等の他、不動産投資、プロジェクトファイナンス、合併事業等、企業法務全般を取り扱う。2008年慶應義塾大学法学部卒業、2010年東京大学法科大学院修了、2017年米国UCLAにてLL.M.取得、2017~18年ロサンゼルスのスポーツエージェンシー勤務。日本スポーツ仲裁機構仲裁人・個停人候補者、日本プロ野球選手会公認選手代理人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。