会計記録の基礎

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 283p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502435300
  • NDC分類 336.9
  • Cコード C3034

内容説明

本書は、会計記録とは何なのか、その意義と重要性についての再認識の作業を歴史的な観点からおこなっていく。

目次

第1部 会計記録の生成と本質(会計記録の本質;公証人制度と会計記録の社会的意義;商人による会計記録の生成;複式記入の実践と記録様式)
第2部 複式簿記記録の理論と展開(複式簿記知識の普及と簿記書の役割;複式簿記の初期理論;複式簿記教授法と理論の相互進展;会計教育制度の充実と複式簿記理論の深化;複式簿記記録の対象と機能の拡張;会計記録から会計計算への理論展開)

著者等紹介

工藤栄一郎[クドウエイイチロウ]
1962年熊本市生まれ。1990年西南学院大学大学院経営学研究科博士後期課程満期退学。1990年鹿児島経済大学経済学部専任講師。1994年鹿児島経済大学経済学部助教授。1996年熊本学園大学商学部助教授。2001年熊本学園大学商学部教授。2003‐04年メルボルン大学会計およびビジネス情報システム学科客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。