USCPA(米国公認会計士)になりたいと思ったら読む本

個数:

USCPA(米国公認会計士)になりたいと思ったら読む本

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月20日 04時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 166p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502419010
  • NDC分類 336.97
  • Cコード C2034

内容説明

試験の難易度は?自分の適性は?仕事に活きる?「英語×会計」を強みにしたい人へ。「本当のところはどうなの?」がわかる資格&キャリアガイド。

目次

第1章 USCPAになりたいと思ったらはじめに確認すること
第2章 何ができる?USCPAという資格の活かし方
第3章 こんな活躍ができる!USCPAのキャリアパス
第4章 自分にはどれが最適?USCPAと他の会計資格の比較
第5章 USCPAになると決めたら「合格の誓約書」を作成しよう
第6章 USCPAになるまでの道のりをたどってみよう
第7章 USCPAに絶対なるなら短期合格を目指そう
第8章 途中で挫折しないためのサポート

著者等紹介

どこ[ドコ]
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。「USCPAどこのブログ」管理人。USCPA試験全科目合格後、大手監査法人に転職し、東京事務所の国際部にて、外資系企業をメインのクライアントとする会計監査人になる。その後タイのバンコクに移住し、米国企業のタイ子会社にて、親会社への会計レポーティングを担当し、さらに帰国後、日系グローバル企業の東京本社にて、連結決算に携わる。「USCPA試験の勉強をしている友達に合格してもらいたい」、「USCPAとして働いてきた今までの経験を伝えたい」という2つの理由から、「USCPA試験とUSCPAのキャリア」がメインテーマのブログを書き始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。