裁判例・実例から学ぶ企業不祥事を防ぐ内部統制システム

個数:
  • ポイントキャンペーン

裁判例・実例から学ぶ企業不祥事を防ぐ内部統制システム

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 325p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502271601
  • NDC分類 336.84

内容説明

基礎知識編で会社法の定める内部統制システムの内容や取締役の責任との関係を解説。事例編では内部統制システムの構築義務が争点となった裁判例や過去に発生した不祥事4件の分析を通じて、内部統制システムの整備の注意点を考察。比較編では金融商品取引法の要求する内部統制システムの具体的な内容を検討し、過去に起きた不祥事の有効な防止策になりうるかまで言及。企業不祥事データ編では、重要な47件をピックアップしてCOSOと会社法の視点から分析し、防止策を提示。

目次

第1 基礎知識編(内部統制をめぐる法整備;COSOの内部統制のフレームワーク ほか)
第2 事例編(裁判例からみた裁判所が要求する内部統制システム;過去の不祥事からみた内部統制システム構築のポイント)
第3 比較編―金融商品取引法の内部統制(「財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準」の内容;金融商品取引法の内部統制システムと不祥事の防止 ほか)
第4 企業不祥事データ編(国民の生命・身体の安全に関わる不祥事;国民の財産に関わる不祥事 ほか)

著者紹介

大谷郁夫[オオタニイクオ]
東京弁護士会所属銀座第一法律事務所パートナー。中央大学大学院民事法専攻博士前期課程卒(専攻は電子商取引)。平成13年国土交通省公共調達電子認証局運営規程作成委員会委員。平成14年ECom決済関連問題検討WGメンバー。平成15年金融庁電子金融研究会メンバー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)