医療原価計算―先駆的な英米医療界からの示唆

個数:
  • ポイントキャンペーン

医療原価計算―先駆的な英米医療界からの示唆

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月03日 22時51分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 292p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502270000
  • NDC分類 498.16

内容説明

病院原価計算の教科書的説明を目指したものではなく、英米医療界における実態を明らかにし、そこから日本医療界への示唆や医療原価計算論の構築を目指している。英米医療界の現状を明らかにするだけでなく、その歴史的展開を明らかにしている。市場競争を基本としたアメリカ医療界における展開と、政府の主導性が強いイギリス医療界における展開の両者を明らかにし、両国の原価計算普及のアプローチの違いを対比するとともに、アメリカと日本、イギリスと日本の状況の比較を試みている。個別的な病院での事例を一部取り上げつつも、個別事例の詳細な明確化ではなく、医療界全体としての展開から医療原価計算の本質を把握しようとしている。

目次

第1部 アメリカにおける医療原価計算の展開(新しい経営環境に対応した病院原価計算の展開;部門別原価計算の展開;部門内各種サービス別原価計算の展開;診断群分類別原価計算の展開)
第2部 イギリスにおける医療原価計算の展開(NHS経営改革と原価計算の展開:参照原価制度以前のNHS原価計算;参照原価制度導入によるNHS原価計算の特徴変化;参照原価制度運営のための原価計算マニュアル;参照原価制度下の原価計算実務:事例アプローチ;参照原価制度の評価;Payment by Results制度に対応した新しい原価計算制度の模索)
第3部 日本医療界及び医療原価計算論への示唆(日本医療界への示唆:日米及び日英比較より;医療原価計算の実施決定要因と体系:医療原価計算論の構築)

著者紹介

荒井耕[アライコウ]
大阪市立大学大学院経営学研究科助教授。1971年東京都生まれ。1994年一橋大学商学部卒業。1998年富士総合研究所勤務を経て一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。2001年一橋大学大学院商学研究科博士課程修了 博士(商学)取得。2001年大阪市立大学大学院経営学研究科専任講師。2002年大阪市立大学大学院経営学研究科助教授。2004‐06年エジンバラ大学、レスター大学、メルボルン大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校他にて在外研究。専門分野は管理会計、公会計、医療管理会計。著書に『医療バランスト・スコアカード:英米の展開と日本の挑戦』中央経済社2005年5月(日本原価計算研究学会・学会賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)