情報社会における法・ルールと倫理

個数:

情報社会における法・ルールと倫理

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 327p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502191916
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C3032

内容説明

「情報倫理」の入門書として、情報社会の特質・問題点から説き起こし、法的・倫理的規範を解説。法規制から倫理的側面まで!加速する情報技術の発展を受けて、現代を生きる人・技術者のために判断と行動の規範を明らかにする。

目次

第1章 情報社会とは
第2章 情報倫理と法・ルール
第3章 情報社会における専門家と職業倫理
第4章 保護される個人の権利・利益
第5章 情報社会における個人の参加と行動規制
第6章 ソーシャルメディア(SNS等)
第7章 スマートフォン・携帯電話の利用における問題点と解決方法
第8章 インターネット利用の問題点と解決方法―自宅等やスマートフォン等でのプライベート利用の視点から
第9章 企業や組織等でのインターネットの利活用における問題点と解決方法
第10章 情報セキュリティ
第11章 情報社会における自力救済と法

著者紹介

清野正哉[セイノマサヤ]
東北大学法学部卒。新潟大学大学院法学研究科修了(刑事法専攻)、参議院事務局へ(上級職)。参議院事務局委員部(法務委員会、運輸委員会、建設委員会、農林水産委員会等を担当)、同議事部法規課、同文書課課長補佐、参議院商工委員会調査室、同文教科学委員会調査室、参議院法制局参事等を経て、公募試験を経て現公立大学法人会津大学コンピュータ理工学部へ。前公益財団法人未来工学研究所特別研究員、前金沢工業大学大学院工学研究科客員教授、前電気通信大学知的財産本部知的財産マネージャ、前映画専門大学院大学客員教授等。現在会津若松市情報公開及び個人情報保護審査会会長、会津若松市行政不服審査会、会津若松市子ども・子育て会議会長等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報



清野 正哉[セイノ マサヤ]