カーブアウト型M&Aの実務―スタンドアローン問題から価格交渉まで

個数:

カーブアウト型M&Aの実務―スタンドアローン問題から価格交渉まで

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 225p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502190414
  • NDC分類 335.5
  • Cコード C3034

内容説明

カーブアウトする(事業を切り出す)範囲の考え方から、買い手・売り手における検討プロセス、案件調査、事前準備、条件交渉戦略のポイントまでを解説。他のM&Aとは異なる特徴を持つ複雑な取引形態がわかる。

目次

第1編 カーブアウト型M&Aの意義と特徴(カーブアウト型M&Aとは何か?;カーブアウト範囲の特定;スタンドアローン問題;カーブアウト型M&Aの特徴)
第2編 買い手側から見たカーブアウト事業の財務的分析・評価と交渉上の留意点(カーブアウト事業の価値評価のポイント;カーブアウトのデューデリジェンス/事業価値評価の実施プロセス;カーブアウト事業の調査・分析のポイント;カーブアウトの条件交渉;カーブアウト成功に向けた買い手の課題)
第3編 売り手側のカーブアウト戦略と準備(売り手側の譲渡価格交渉戦略;売り手側のカーブアウト準備)

著者等紹介

荒木隆志[アラキタカシ]
公認会計士。トランザクション・サポート株式会社代表取締役。一橋大学社会学部卒業。青山監査法人/プライスウォーターハウス(現プライスウォーターハウスクーパース(PwC))で会計監査、上場準備会社のためのコンサルティング業務に従事した後、PwCのM&A支援サービスグループ(現プライスウォーターハウスクーパース株式会社)に異動し、会計事務所のM&Aアドバイザリー業務本格展開の草分けとして、デューデリジェンス、株式/事業価値評価、その他M&Aアドバイザリー業務で数百件以上のM&A、事業再編、企業再生案件に関与。2014年10月にトランザクション・サポート株式会社設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



荒木 隆志[アラキ タカシ]