決算早期化の実務マニュアル―「経理の仕組み」で実現する (第2版)

個数:

決算早期化の実務マニュアル―「経理の仕組み」で実現する (第2版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月21日 07時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 226p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502189210
  • NDC分類 336.92
  • Cコード C3034

目次

第1章 決算早期化を実現している会社の特徴(決算と監査のタスキリレー;単体決算の特徴 ほか)
第2章 決算早期化を達成できない原因と解決策(決算早期化を阻害するボトルネック;決算が全体的に遅い会社 ほか)
第3章 決算早期化を実現する経理の仕組み(経理部とは何をする部署なのか;決算早期化を実現する経理の仕組みとは ほか)
第4章 決算早期化を実現するアウトプット事例(アウトプット資料の見直しの効果;「リファレンスナンバー」と「リードシート」 ほか)
第5章 決算早期化を実現する決算業務のマクドナルド化(決算業務のマクドナルド化とは;IFRSに備えた決算早期化)

著者紹介

武田雄治[タケダユウジ]
公認会計士。武田公認会計士事務所所長。関西学院大学卒業。KPMG(現有限責任あずさ監査法人)、東証上場企業財務経理部門、コンサルティング会社勤務等を経て、現在に至る。決算早期化、決算業務改善、IFRSの分野では第一人者と称されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

豊富なアウトプット事例とともにノウハウを大公開。「真の経理部」構築のために大幅に改稿。