法人税法会計論 (第8版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

法人税法会計論 (第8版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月24日 18時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 216p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502189012
  • NDC分類 345.3
  • Cコード C3034

内容説明

法人実効税率の20%台への引下げ、外形標準課税の拡大と減価償却制度見直し。最新の法人税制を織り込んで全体像をコンパクトに解説。

目次

第1部 法人税法会計の基礎(法人を取りまく租税環境;法人税法会計の制度と基本的視点 ほか)
第2部 課税所得の計算(所得金額の計算の仕組み;益金の額・損金の額の計算 ほか)
第3部 税額計算と申告(青色申告制度;欠損金の繰越し・繰戻し ほか)
第4部 グループ法人税制―グループ法人単体課税制度と連結納税制度(グループ法人税制;連結納税制度の概要と意義 ほか)

著者紹介

末永英男[スエナガヒデオ]
1950年長崎県生まれ。1979年西南学院大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得、西日本短期大学講師・助教授、麻生福岡短期大学助教授・教授。1994年近畿大学助教授を経て、2000年熊本学園大学教授。1995年学位取得、博士(経済学、九州大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

最新の法人税法を平易に、かつコンパクトに解説。租税法や企業法の講義の入門テキストに最適。