テキスト 財務管理論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 254p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502188909
  • NDC分類 336.8
  • Cコード C3034

内容説明

大学学部で学ぶべき財務管理論の基礎知識を33講に分けてわかりやすく解説した標準テキスト。実際の講義に即した構成で、財務管理論全領域のエッセンスが手に取るように理解できる。ファイナンスの基礎を学びたいビジネスマンにも最適。

目次

財務管理論の舞台―企業・会社とは何か(企業形態;責任制度 ほか)
株式資本の調達(増資の方法;私募・額面、公募・時価発行増資 ほか)
エージェンシー理論
自己金融―利益の留保政策を中心に
社債資本の調達(形態と方法;CBとWB)
CPとMTN
インサイダー取引規制
借入金の調達(種類と形態;利子はどう決まるか ほか)
BIS規制と成長財務
不良債権処理〔ほか〕

著者紹介

坂本恒夫[サカモトツネオ]
経営学博士。明治大学教授、知的資産センター副センター長。1947年京都府生まれ。1979年明治大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。1991年より現職。この間、1984・85年オーストラリア、ニュー・サウス・ウエールズ大学客員研究員、97から99年イギリス、レディング大学客員研究員。現在、日本経営財務研究学会副会長、日本財務管理学会副会長、証券経済学会理事、日本経営分析学会理事、中小企業・ベンチャービジネス・コンソーシアム会長