独占禁止法における事例分析―司法試験経済法過去問の検討と評価

個数:

独占禁止法における事例分析―司法試験経済法過去問の検討と評価

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月30日 05時24分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 190p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502187612
  • NDC分類 335.57

内容説明

判例法発展の成果として司法試験過去問を位置づける。裁量型課徴金制度の創設などをめぐる法改正の動向にも言及。独占禁止法の学習・研究の将来までを見据える。

目次

第1 独占禁止法の特質と事例問題の優位
第2 これまでの出題問題とその解説
第3 出題問題の解答例・コメント
第4 この10年間の成果と今後の課題
第5 基礎概念とカルテル規制
第6 裁量型課徴金と行為類型ごとの単一ルール

著者紹介

村上政博[ムラカミマサヒロ]
成蹊大学客員教授(一橋大学名誉教授)、森・濱田松本法律事務所客員弁護士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

過去10年の司法試験経済法過去問を分析するとともに、裁量型課徴金などの改正動向にも言及。