会社の目的と取締役の義務・責任―CSRをめぐる法的考察

個数:
  • ポイントキャンペーン

会社の目的と取締役の義務・責任―CSRをめぐる法的考察

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 19時50分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 315p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502077500
  • NDC分類 325.2

目次

第1部 会社の目的と社会的責任(会社の目的と社会的責任の法理論に関する総論的考察;株主第一規範の形成・展開と変容;取締役による会社関係者の利害の調整―アメリカの利害関係者制定法(Constituency Statutes)を中心として
社会的利益を追求する営利会社―アメリカの社会的営利会社(Benefit Corporation)を中心として)
第2部 取締役の義務と責任(企業買収の際の企業価値基準による取締役の義務と責任―募集株式・新株予約権の不公正発行を中心として;取締役の対第三者責任の本質に関する序論的考察;取締役の対第三者責任の立法の沿革に関する一考察;取締役の対第三者責任の本質の再検討―大審院・最高裁判例の分析を通して;未公開株式の売買の場合における発行会社とその発行会社の取締役の責任)

著者紹介

畠田公明[ハタダコウメイ]
1953年福岡県生まれ。1976年福岡大学法学部法律学科卒業。1982年福岡大学大学院法学研究科民刑事法専攻博士課程後期単位取得満期退学。1998年福岡大学法学部教授。2004年福岡大学大学院法曹実務科法務専攻(専門職学位課程)教授。現在、福岡大学法学部教授、副学長、博士(法学)。米国カリフォルニア大学バークレー校ロー・スクール客員研究員(1991~92年)、米国コロンビア大学ロー・スクール客員研究員(2001~02年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)