横幹〈知の統合〉シリーズ<br> 価値創出をになう人材の育成―コトつくりとヒトつくり

個数:

横幹〈知の統合〉シリーズ
価値創出をになう人材の育成―コトつくりとヒトつくり

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 107p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784501630201
  • NDC分類 407

内容説明

「横断型人材育成プログラム調査研究会」の十数年にわたる活動成果をもとに、知の統合を体現・実現する横断型人材の育成法を提言する、シリーズ第三弾。多領域にわたる課題解決や、革新的なイノベーション創出のために―異分野の知と積極的に連携し、俯瞰的な視点からアプローチできる人材とは?

目次

第1章 「知の統合」が価値の源泉―「統合知」の戦略とその展開人材
第2章 横断型人材育成としてのレジリエンス工学教育
第3章 曖昧さを活かして価値創造できる人材育成
第4章 情報技術が加速する横断型融合人材
第5章 統合知による課題解決型人材の育成
第6章 知識科学的方法論の全学展開によるイノベーション創出人材の育成
第7章 PBL型学習で統合知を獲得する―横断型人材育成の実例
第8章 システム統合知の実践による人材育成

出版社内容情報

これからの社会に必要とされる人材の育成について、様々な分野の視点から提案する。これからの社会に必要とされる人材の育成について、様々な分野の視点から提案する。

第1章 「知の統合」が価値の源泉―「統合知」の戦略とその展開人材…旭岡 叡峻

 1.はじめに

 2.「知の統合」を基盤とする産業/事業モデルが価値の源泉

 3.「統合脳」をどう作るのか

 4.「知の統合」を阻害する要因の除去

 5.新たな「統合知」創造と構築試論

 6.最後に

第2章 横断型人材育成としてのレジリエンス工学教育…古田 一雄

 1.はじめに

 2.リスクに基づく安全

 3.レジリエンスの考え方

 4.レジリエンス工学の教育

 5.まとめ

第3章 曖昧さを活かして価値創造できる人材育成…庄司 裕子

 1.曖昧さがリスクの源となるモノ作り

 2.曖昧さが価値作りになるモノ作り

 3.曖昧さをうまくハンドリングするための「統合知」

 4.曖昧さを上手に解釈して価値作りにつなげられる人材育成を

第4章 情報技術が加速する横断型融合人材…山本 修一郎

 1.はじめに

 2.横幹知とは何か

 3.横幹知の理論と工学

 4.横幹知を実現する人材育成

 5.まとめ

第5章 統合知により課題解決型人材の育成…長田 洋

 1.はじめに

 2.問題と課題

 3.問題解決における科学的探究法

 4.問題解決のステップと手法

 5.問題解決プロセスの定式化

 6.おわりに

第6章 知識科学的方法論の全学展開によるイノベーション創出人材の育成…神田 陽治・西中 美和

 1.はじめに

 2.北陸先端大の新しい試み

 3.新設のイノベーション教育のねらい

 4.必修講義の構成

 5.ロードマッピング演習

 6.演習に臨む態度

 7.振り返って

第7章 PBL型学習で統合知を獲得する―横断型人材育成の実例…川田 誠一

 1.知の統合〈統合知〉とは何か

 2.横断型人材を育成する専門職大学院大学と二つの専攻

 3.統合知を活用するチームのメンバーが必要なコンピテンシー

 4.コンピテンシーを獲得するためのPBL型学習

 5.おわりに

第8章 システム統合知の実践による人材育成…白坂 成功

 1.はじめに

 2.システムデザイン・マネジメントとは何か

 3.教育の概要

 4.システム×デザイン思考教育

 5.おわりに

あとがき



参考文献

索引

編著者紹介

横幹〈知の統合〉シリーズ編集委員会[オウカンチノトウゴウシリーズヘンシュウイインカイ]