統計数理は隠された未来をあらわにする―ベイジアンモデリングによる実世界イノベーション

個数:
  • ポイントキャンペーン

統計数理は隠された未来をあらわにする―ベイジアンモデリングによる実世界イノベーション

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 22時14分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 136p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784501543303
  • NDC分類 417

内容説明

複雑なシステムが生み出す大量のデータから有用な情報を獲得し、「真のモデル」をイメージする。

目次

第1章 シミュレーション科学と統計科学の融合:エルニーニョ、津波の場合(演繹と帰納;データ同化とは ほか)
第2章 確率モデルによるヒューマンモデリングとその応用(逐次ベイズ推定とは;脳における信念形成機構の解明 ほか)
第3章 ベイズモデリングによるマーケティング戦略(マーケティングとは何か;マーケティングとベイズモデリング ほか)
第4章 ベイズモデルによる遺伝子制御ネットワークの推定(バイオインフォマティクスと計測データ;マイクロアレイデータによる遺伝子ネットワークの推定 ほか)
付録 情報量規準AICからベイズモデリングへ―赤池弘次氏がたどった道(予測の視点と最終予測誤差FPE;分布による予測と情報量規準 ほか)

著者紹介

樋口知之[ヒグチトモユキ]
東京大学理学部地球物理学科卒業(1984)。東京大学理学系研究科地球物理学専攻修士課程修了(1986)。東京大学理学系研究科地球物理学専攻博士課程修了(1989)。博士(理学)(1989)。文部省統計数理研究所助手(1989‐1994)。文部省統計数理研究所助教授(1994‐2002)。文部省統計数理研究所教授(2002‐2004)。情報・システム研究機構統計数理研究所教授(2004‐)

石井信[イシイシン]
東京大学工学部反応化学科卒業(1986)。東京大学工学系研究科情報工学専攻修士課程修了(1988)。東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻(1997)。博士(工学)(1997)。(株)リコー(1988‐1997)。(株)ATR人間情報通信研究所研究員(1994‐1997)。奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科助教授(1997‐2001)。奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科教授(2001‐)

照井伸彦[テルイノブヒコ]
東北大学大学院経済学研究科博士後期課程修了(1990)。博士(経済学)(1990)。山形大学人文学部講師(1988‐1990)。山形大学人文学部助教授(1990‐1994)。東北大学経済学部助教授(1994‐1998)。東北大学大学院経済学研究科教授(1998‐)。ミネソタ大学経済学部客員研究員(1990‐1991)。テキサスA&M大学統計学部客員研究員(1991‐1992)。文部省統計数理研究所・予測制御研究系・客員助教授(1994‐1996)。エラスムス大学ティンバーゲン研究所客員(1996‐1997・2000)。オハイオ州立大学フィッシャー経営大学院(2005)

井元清哉[イモトセイヤ]
九州大学理学部数学科卒業(1996)。九州大学大学院数理学研究科数理学専攻修士課程修了(1998)。九州大学大学院数理学研究科数理学専攻博士課程修了(2001)。博士(数理学)(2001)。日本学術振興会特別研究員(1999‐2001)。東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター博士研究員(2001)。東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター助手(2001‐2007)。東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター准教授(2007‐)

北川源四郎[キタガワゲンシロウ]
東京大学理学部数学科卒業(1971)。東京大学大学院理学系研究科数学専攻修士課程修了(1973)。東京大学大学院理学系研究科数学専攻博士課程中退(1974)。博士(理学)(1983)。統計数理研究所(1971‐)。総合研究大学院大学(併任)(1988‐)。統計数理研究所長(2002‐)。情報・システム研究機構理事(2004‐)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ベイズ推定を実際の現場に適用するための技術について、様々な分野の第一人者がその概要をまとめた。