テキストマイニングを使う技術/作る技術―基礎技術と適用事例から導く本質と活用法

個数:
  • ポイントキャンペーン

テキストマイニングを使う技術/作る技術―基礎技術と適用事例から導く本質と活用法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 02時17分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 236p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784501542207
  • NDC分類 007.5

内容説明

「期待したような結果が出せなかった」「辞書作りがたいへんで手に負えない」「データの質が悪いのでテキストマイニングには適さない」といったテキストマイニング利用者の声に対して、テキストマイニングの研究開発に従事し、数多くの適用事例に関与した経験から、テキストマイニングの本質的な役割とその活用法を解説した。

目次

第1章 テキストマイニングとは何か(分析の技術としてのテキストマイニング;類似技術との比較―単なる検索や分類整理と何が違うか ほか)
第2章 テキストマイニングの適用例と効果(テキストマイニングの適用対象;コールセンターにおけるコンタクト履歴への適用例 ほか)
第3章 テキストマイニングの理想的な使い方(経営戦略としてのテキストマイニング;テキストマイニングの位置付け―誰が何のために行うのか ほか)
第4章 テキストマイニングに対する疑問への回答(どんなデータでも結果が必ず出るものか?;テキストマイニングの効果をどう評価すべきか? ほか)
第5章 テキストマイニングの今後(感情・評価・態度の分析技術;発話内容の分析技術(自動音声認識結果のテキストマイニング) ほか)

著者紹介

那須川哲哉[ナスカワテツヤ]
1989年日本アイ・ビー・エム株式会社に入社。東京基礎研究所に配属。以後、翻訳部門(ナショナル・ランゲージ・サポート)への一年間の異動、IBM T.J.ワトソン研究所(米国ニューヨーク州)での一年間の勤務、コンサルティング部門(IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社)への一年半の出向などを経験しつつ、一貫して機械翻訳やテキストマイニング、評判分析など自然言語処理関係の研究に従事。現在、東京基礎研究所シニア・リサーチャー。1993年度(第7回)人工知能学会全国大会優秀賞受賞。1999年情報処理学会第59回全国大会大会優秀賞受賞。2005年度情報処理学会山下記念研究賞受賞。2005年言語処理学会第11回年次大会優秀発表賞受賞。博士(工学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

テキストマイニングの本質的な役割とその活用法を示すとともに、技術面での今後の発展可能性を示した。