ATP‐EMTPによる開閉現象過渡解析

個数:
電子版価格 ¥8,800
  • 電書あり

ATP‐EMTPによる開閉現象過渡解析

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月19日 10時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 441p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784501118808
  • NDC分類 543.1
  • Cコード C3054

出版社内容情報

電力系統で用いられる遮断器、断路器等の開閉に伴う過渡現象を扱う。電力系統分野で最も利用されるフリーソフト「ATP-EMTP」にて解析することを主眼とする。電力・電気機器分野が変わりつつある中、系統の現象解析は不可欠な分野である。本書の構成は「理論」「解析」「計測」に分かれており、これらを網羅した類書はほとんどない。研究者はもちろん、電力会社、鉄道会社、電機メーカーなどの技術者の活用が期待できる。

目次

第1部 経統要素の模擬(変電所、開閉所および発電所と系統;送電線とケーブル ほか)
第2部 現象解析のための理論(静電界と静磁界;対称座標法 ほか)
第3部 過電圧と開閉現象(過電圧と絶縁協調;接地方式 ほか)
第4部 過渡現象解析(EMTP;モデル化の考え方)
第5部 計測と診断(電圧測定;電流測定 ほか)

著者等紹介

腰塚正[コシズカタダシ]
博士(工学)。学歴:東京電機大学工学研究科修了(1992年)。職歴:株式会社東芝入社(1992年)。現在、東京電機大学工学部電気電子工学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。