台南海軍航空隊「ニューギニア戦線篇」―モレスビー街道に消えた勇者たちを追って

個数:
  • ポイントキャンペーン

台南海軍航空隊「ニューギニア戦線篇」―モレスビー街道に消えた勇者たちを追って

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 311p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784499231725
  • NDC分類 391.28

内容説明

日本海軍の中にあって精強を誇った台南海軍航空隊。緒戦の快進撃ののちにたどり着いたのはラバウルをホームベースとし、ラエを前進基地とするニューギニア戦線だった。本書はニューギニアで少年期を過ごしたオーストラリア人著者の「かつて僕らの郷土の上空で行なわれた航空戦の様子を知りたい」という知識欲からはじめられた台南空VS連合国軍航空兵力との激闘についての研究を、イタリア人日本機研究家とともに上梓したもの。最後を看取られることなく、日本側では「未帰還」とのみ記録された台南空の勇者たちの戦いの最期の様子が、相手国資料から鮮烈に浮かび上がる!

目次

台南空の進出以前
始まり
最初の一手
連合軍の逆襲
しっぺ返し
グッバイ、キティホーク
5月の消耗戦
力と力の対決
ココダ
要塞という名の復讐者
ミルン湾の触手
最後の一手
彼らのその後
考察

出版社内容情報

ニューギニアで少年期を過ごしたオーストラリア人著者の
「かつて僕らの郷土の上空で行われた航空戦の様子を知りたい」という知識欲からはじめられた
台南空VS連合国軍航空兵力との激闘についての研究を、イタリア人日本機研究家とともに上梓した
”EAGLES OF THE SOUTHERN SKY THE TAINAN AIR GOURP IN WWⅡ VOLUME ONE: NEW GUINEAが
邦訳版となって登場。
最後を看取られることなく「未帰還」とのみ記録された台南空の勇者たちの戦いの様子が、
相手国資料から鮮烈に浮かび上がります。
今回の編集にあたっては日本人研究者の最新考証も盛り込み、原書以上に資料性の高い内容となっています。