統合失調症当事者の症状論

個数:

統合失調症当事者の症状論

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年08月06日 03時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 227p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784498229280
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C3047

内容説明

精神症状は当事者の語りの中にある。当事者から自発的に寄せられた膨大な発言を蒐集・分類し、精神症状論の再構築を図る唯一無二の書。停滞する統合失調症の診断学に楔を打ち込む意欲作。

目次

1章 幻聴論
2章 幻視論
3章 妄想論
4章 他律論
5章 診断論

著者等紹介

村松太郎[ムラマツタロウ]
精神科医。医学博士。米国National Institutes of Health(Laboratory of Molecular and Cellular Neurobiology)などを経て、慶應義塾大学医学部精神・神経科准教授。専門は司法精神医学、神経心理学。著書多数

林公一[ハヤシキミカズ]
精神科医。医学博士。「Dr林のこころと脳の相談室」を20年以上にわたって運営し、同サイトの「精神科Q&A」では読者からの4,000以上の質問に回答している。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。