降圧薬の考え方、使い方

個数:

降圧薬の考え方、使い方

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 243p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784498017900
  • NDC分類 493.25

内容説明

高血圧患者の外来での診察の進め方は?数多くある降圧薬の特徴と使用法、外来で注意すべき点は?合併症のある患者にはどのような特徴があり、どのような治療と管理が必要か?高血圧治療のエキスパートがそれぞれの考え方をわかりやすく解説し、この一冊で降圧薬の使い方をマスターできるよう最新の知識をまとめました。

目次

第1部 降圧薬療法の前に―治療の前におさえておきたいこと(診察の留意点;二次性高血圧の鑑別診断;合併症のチェック ほか)
第2部 高血圧の外来での薬物治療はどうする?―主な降圧薬の特徴と使用法(Ca拮抗薬;ACE阻害薬;ARB ほか)
第3部 合併症のある高血圧の患者をどう診る?(高血圧に伴う臓器病変;合併症を有する場合)

著者紹介

浦信行[ウラノブユキ]
手稲渓仁会病院副院長。1978年札幌医科大学卒業。1984年~米国デトロイト市ヘンリーフォード病院高血圧研究所研究員。1986年~札幌医科大学内科学第二講座助手。1990年~同講師。1997年~同助教授。2007年~同准教授。2008年~手稲渓仁会病院総合内科部長。2012年~手稲渓仁会病院副院長。資格:日本内科学会、日本循環器学会ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)