環渤海交易圏の形成と変容―清末民国期華北・東北の市場構造

個数:
  • ポイントキャンペーン

環渤海交易圏の形成と変容―清末民国期華北・東北の市場構造

  • 山本 進【著】
  • 価格 ¥5,076(本体¥4,700)
  • 東方書店(2009/05発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 94pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 284,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784497209078
  • NDC分類 332.22
  • Cコード C3022

内容説明

19世紀中葉まで中国経済の辺境に過ぎなかった華北東部や東三省は、20世紀初頭より棉花や大豆など特用農産物を積極的に輸出し、急成長を遂げるが、地域内の社会的分業が脆弱で輸出依存度が高かったため、日本帝国主義の侵略を招きやすかった。本書はこの地域を環渤海交易圏と名づけ、伝統的地域経済圏としての成立期から世界市場への再編期、更には「満洲」「北支」として占領される直前期までの市場構造の変化を、物流・金融の両面から検証する。

目次

第1章 清代の雑税と牙行
第2章 清代東銭考
第3章 清代の京銭と折銭納税
第4章 清代薊糧考
第5章 清代豫東漕糧考
第6章 清末民初奉天における大豆交易
第7章 清末東三省の幣制
第8章 清末民国期東三省における冀東商人
第9章 清末民国期直隷における棉業と金融
第10章 清末民国期の東部内蒙古における金融構造

著者紹介

山本進[ヤマモトススム]
1959年滋賀県生まれ。1989年名古屋大学大学院文学研究科修了。現在、北九州市立大学外国語学部教授。博士(歴史学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

伝統的経済圏から20世紀初頭に「半植民地」的に世界市場に組み込まれた中国華北東部や東三省の経済創造を、「満州」「北支」として占領される直前期まで丹念に読み解く。