学習院大学東洋文化研究叢書<br> 中国における「近代知」の生成

個数:

学習院大学東洋文化研究叢書
中国における「近代知」の生成

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 369p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784497207159
  • NDC分類 125.9
  • Cコード C3010

内容説明

「中華‐夷狄」という枠組みの転換を迫られた中国の知識人たちは、国際社会のなかで「中国」をいかなる存在として捉え直したのか。思想・歴史・文学・地理・言語・政治などに関する彼らの多様な言説を材料として解明する。

目次

美学にとって「中国」とは何か―朱光潜の中国的モダニズム
反響しあう東と西―辜鴻銘による『中庸』の英訳
異物感覚と歴史―和辻哲郎と胡適の仏教研究
『地球韻言』について―清末の地理認識とその表現
近現代中国における考古学の命運―歴史をめぐる「伝統」と「近代」
梁啓超の「孔子」像とその意味
宋平子新字の位置づけをめぐって―江南知識人の日本趣味について
啓蒙知識人としての趙正平―南方への志向と辛亥革命の精神
中国近代における知の編制と諸権力―張君〓(まい)(1887‐1969)と国立自治学院を例として

著者紹介

高柳信夫[タカヤナギノブオ]
1963年生。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、学習院大学外国語教育研究センター教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)