馬王堆出土文献訳注叢書<br> 五行・九主・明君・徳聖―“老子”甲本巻後古佚書

個数:

馬王堆出土文献訳注叢書
五行・九主・明君・徳聖―“老子”甲本巻後古佚書

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月21日 12時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5変判/ページ数 215,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784497207135
  • NDC分類 124
  • Cコード C3310

内容説明

湖南省長沙の馬王堆漢墓から出土した文献を、日本人向けに訓読・注釈・現代語訳を付して紹介するシリーズ第四弾。孟子の四端説が、孟子以降どのようにして展開したかを伝える「五行篇」や人間の理想像を天道と結びつけて「聖」として描く「徳聖篇」、君主の統治における理想を説く「九主篇」など戦国時代の思想状況を伝える貴重な出土文献四篇に丁寧な訳注をほどこす。

目次

五行篇
九主篇
明君篇
徳聖篇

著者紹介

齋木哲郎[サイキテツロウ]
1953年生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得。鳴門教育大学学校教育学部教授。東方学会賞受賞(1994年11月)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)