アニメーション日中交流記―持永只仁自伝

個数:

アニメーション日中交流記―持永只仁自伝

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月24日 12時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 364p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784497206060
  • NDC分類 778.77
  • Cコード C0074

内容説明

中国にアニメーションの礎を築いた日本人がいた―。戦時下の日本で過酷な条件の下、漫画映画を製作、日中戦争後の中国東北地方で美術片製作の基礎を築き、帰国後は人形アニメーションの分野を開拓。日本と中国で、アニメーション発展に寄与し、多くの後進を育成した作家・持永只仁がその生涯を語る。

目次

第1章 おいたち
第2章 アニメーションの世界へ
第3章 満映へ、そして終戦
第4章 中国アニメーションの息吹き
第5章 帰国
第6章 新時代の中国アニメーション育成のために
持永只仁先生の思い出(川本喜八郎)
人形アニメの恩人―日本アニメ史の中で(おかだえみこ)
忘れがたい方明同志(盛特偉・張松林)
「東北電影製片廠」最初の日―持永只仁先生を忍ぶ(段孝萱)

著者紹介

持永只仁[モチナガタダヒト]
1919年3月3日、東京市神田錦町生まれ。1936年4月、東京・日本美術学校図案応用科入学。1938年3月卒業後、東亜医科学研究所、東京女子美術工芸学校、東京宝塚劇場舞台課等で働く。1939年12月15日、芸術映画社入社(漫画映画班)。中国に渡り、以後、中国のアニメーション技術発展に力を注ぐ。1999年4月1日、死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)