阪南大学叢書<br> 流通費用論の展開

  • ポイントキャンペーン

阪南大学叢書
流通費用論の展開

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 244p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784495635510
  • NDC分類 675.4

内容説明

本書は、『資本論』全3部中において、難解な叙述を含んでいる第2部「資本の流通過程」第1篇「資本の姿態変換とその循環」第5章「流通時間」第6章「流通費用」に関わる諸問題について吟味・検討を試みようとしたものである。

目次

第1章 資本の流通時間と売買費用
第2章 商業労働
第3章 貨幣費用
第4章 交通労働の労働対象とその生産物
第5章 保管費用

出版社内容情報

『資本論』において、難解な叙述を含んでいる第2部第1篇のなかの第5章「流通時間」第6章「流通費用」をとりあげ、それらに関わる諸問題を吟味、検討する。