絵本・こどものひろば<br> ぼく、まだねむくないよ

個数:

絵本・こどものひろば
ぼく、まだねむくないよ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 27cm
  • 商品コード 9784494025473
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

北の森に雪がふりつもり、母さんぐまとこぐまが冬眠に入ります。でも、こぐまはまだねむたくないので、外へ出てみることに…。すると、あたり一面の雪。ズボズボ沈んで動けないこぐまはユキウサギに出会います。

3歳~

内容説明

「ぼうや、森はつめたい雪におおわれてしまったよ。春までおやすみ。」「ぼく、まだねむくないよ。」かあさんぐまがねむってしまったあと、ひとりで外へでたこぐまは…!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

詩 音像(utaotozo)

21
初読み時に感想を書き込んでいなかったので、再読。最初真っ白で描かれる雪景色が、実に寒そう。その中に佇む熊の子は何ともかわいらしい。時間が進むにつれ、夜の深まりを表すのか、どんどんブルーが濃くなって行く様が美しい。それぞれの動物との交流も味わい深い。「除雪車のように」というたとえが現代的。「おまえ、ふみん症のこぐまか」も現代的だが、これには思わず笑った。2016/05/23

ねなにょ

15
まだ、ねむくないこぐまちゃんが巣穴から、雪で真っ白な外の世界へ飛び出した。こぐまちゃんを心配してくれる森の動物たちの暖かさ。こぐまちゃんが無事にお母さんの眠る巣穴に戻れてよかった。2015/10/19

遠い日

13
とっくに冬眠しているはずなのに、クマの子は眠たくないといって巣穴を出て、ちょこっと冒険。みんなのびっくり顔がおかしい。初めての雪、初めての冷たい季節を体験して、森のみんなに出会うクマの子。森に生きる動物たちの思いをモモンガが代弁するかのようなことばが印象的。2016/02/22

ヒラP@ehon.gohon

11
冬のくまさんは、穴のなかで冬眠生活ですね。 寝付けないくまの坊やが見た冬の自然のなかで、出会った動物たちの生活が不思議な新鮮さを感じました。 考えれば、動物たちがどの様に生活しているかをよく知りません。 でも、坊やがお母さんのもとに帰れて安心しました。 おやすみ絵本ですね。2019/01/02

ぬのさと@灯れ松明の火

4
ユキウサギやエゾリスたちが、冬眠していないこぐまを心配してくれるのがいいなあ。2013/04/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/301642

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。