だいすき絵童話<br> まえばちゃん

個数:

だいすき絵童話
まえばちゃん

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月18日 06時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 64p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784494020614
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

出版社内容情報

まえばちゃんは、ななこの絶対の味方。いつも勇気づけてくれます。子どもの成長を楽しく描く。ななこが、ぐらぐらするまえばをゆらしていると、「どうしてゆらすの?」と口の中で声がします。赤ちゃんのときからいっしょにいたという、まえばちゃんの声でした。それから、友だちとけんかしても、苦手なかけっこのときも、いつもはげましてくれるまえばちゃん。ぜったいぬかないと決めていたのに……幼い子が、自分の内なる親友と対話しつつ成長していく姿を、ユーモラスに描きます。第9回絵本テキスト大賞優秀賞受賞作。

かわしま えつこ[カワシマエツコ]
著・文・その他

いとう みき[イトウミキ]
イラスト

内容説明

まえばちゃんは、ななこがあかちゃんのとき、はじめてはえたはです。ずっと、ななこのことをみまもってくれています。にがてなかけっこのときも、ともだちとけんかしたときもはげましてくれる、ななこのぜったいのみかたです!第9回絵本テキスト大賞・優秀賞受賞作を全面的に改稿。小学校低学年から。

著者等紹介

かわしまえつこ[カワシマエツコ]
川島えつこ。群馬県生まれ。群馬大学教育学部国語国文学専攻卒業。「十一月のへび」で第19回小さな童話大賞・大賞を受賞。2006年、『まんまるきつね』でデビュー。2009年、『花火とおはじき』で日本児童文学者協会新人賞を受賞

いとうみき[イトウミキ]
伊東美貴。東京都生まれ。自作の絵本や児童書の挿絵を数多く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

anne@灯れ松明の火

18
新着棚で。第9回絵本テキスト大賞・優秀賞受賞作の改稿。赤ちゃんの時から、ずっと一緒の乳歯。ずっと見守っていてくれた まえばちゃん。離れたくない。でも、いつか生え変わる時が来る……。面白い観点。さすが、コンクール入賞作。挿絵はいとうみきさん。かわいい絵。2018/12/05

おはなし会 芽ぶっく 

13
3年生 ブックトーク授業 (夏休みにお勧めの本) 絵本好きが多い学年なので、今回は幼年童話を中心に!読みたい本に〇印をつけてね、と渡したリストに全部〇印をつけてくれた子が殆どでした。生まれて初めて生えてくる歯が前歯なのはみんな知っていましたので、「じゃあ上の前歯?下の前歯?」にはほとんどの子が上と答えました。歯の生え変わりを経験している子ばかりですが、生えてきた時のことを覚えているはずもなく、正解(下の歯)を教えて買った気分でした(笑)ななちゃんの前歯が抜けそうになってきた時、話し出す前歯(ちゃん)…。2021/07/13

こまさん

2
可愛くてちょっぴり感動作。赤ちゃんの頃からずっと見守ってくれてた前歯ちゃん、ありがとう( ◠‿◠ )前歯が抜け出した娘に。2020/07/24

2時ママ

1
次女 小3 ひとり読み。2019/06/05

ゆー

0
歯が抜けるころ、ちょうど良かったかもね。小12020/05/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13299598

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。