だいすき絵童話<br> はるかちゃんが、手をあげた

個数:

だいすき絵童話
はるかちゃんが、手をあげた

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月25日 20時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 63p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784494020584
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

出版社内容情報

二年二組のほとんどの人は、まだ、はるかの声をきいたことがありません。家ではちゃんとしゃべれるのに、はるかは学校で話すのがこわくて、すごくはずかしくてできないのです。ある日せきがえで、あきらくんがとなりになりました。二年二組でいちばん元気な男の子です。大きな声のあきらくんが話していることがきこえて、はるかは自分も同じだとおもわず「あっ」と小さく声をあげます。はるかの声がきこえたあきらくんは……。

内容説明

「どうしたの?」「なんでしゃべんないの?」「へーんなの」みんながはるかのことを見ています。はるかのからだは、もっとかたくなってしまいました。(どうしよう…どうしよう?)むねがドキドキしてきました。

著者等紹介

服部千春[ハットリチハル]
京都府生まれ。主な作品に『グッバイ!グランパ』(第19回福島正実記念SF童話賞大賞/岩崎書店)等。日本児童文学者協会会員

さとうあや[サトウアヤ]
千葉県生まれ。さし絵作品、絵本作品など多数ある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chimako

74
あきらくん、いい子。はるかちゃんはあきらくんがとなりの席でよかったね。場面寡黙は声を出せない子も辛いだろう。少しずつ少しずつはるかちゃんはお話しできようになるね。小学生の話だけれど中学生に読んであげたい。むねのうちがポッと温かくなるような小さなお話。2020/05/14

☆よいこ

48
児童書。低学年から▽はるかは、病気で入学式に参加できなかったことからクラスになじめず、学校で声を出すことができなくなった。ずっとしゃべらずに2年生になったけれど、ひとりに慣れ、周りもそっとしておいてくれた。ある日、となりの席になった元気な男の子あきらに「なーんだ。声、出るじゃん」と気づかれる。それから、あきらははるかの代わりに手を挙げたり、給食の食べ方に口をだしたり、おせっかいをしてくるようになった。困ってしまったはるかだったが、風邪であきらが休むと寂しくなる。▽緘黙症。やさしいお話。2020/03/04

そら

40
どうしても母親目線で読んでしまう。これでウルっとくるのは歳とったせいかな?子供はどうとらえるんだろう。2020/06/02

chiaki

34
小学校のときクラスにはるかちゃんのような女の子がいました。仲のいいお友だちとは普通に話せるけれど教室に入ると途端に喋れなくなるというそれが、単なる人見知りとか恥ずかしがり屋さんではなくて、場面緘黙症と呼ばれるものだというのには、この本を読むまで気がつかず…。はるかちゃんの側にあきらくんがいたように、昔の彼女にも心の支えになる何かが見つかっただろうか。はるかちゃんが手を挙げて発言する勇気の重さは計り知れないです。それにしてもあきらくん、小2にして既にかっこいい。ゆっくり見守る先生やクラスメイトも温かい。2020/06/12

る*る*る

21
絵のさとうあやさんファンなので手に取る。一年生の時から場面緘黙のはるかちゃん。席替えで隣になったあきらくんがきっかけで話せるようになる。顔を赤くして頑張ってるはるかちゃんにほろっとくる😢優しさが流れている一冊✨2020/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14844334

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。