SDGsでかんがえよう地球のごみ問題<br> SDGsでかんがえよう地球のごみ問題〈2〉どうしたらへらせる?食品ロス問題

個数:

SDGsでかんがえよう地球のごみ問題
SDGsでかんがえよう地球のごみ問題〈2〉どうしたらへらせる?食品ロス問題

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月30日 00時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 47p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784494018642
  • NDC分類 K611
  • Cコード C8336

出版社内容情報

世界の3分の1の食料が捨てられている一方で、飢餓に苦しんでいる人々がいます。SDGsの観点からみた「食品ロス」問題を、数字を交えてわかりやすく解説。私たちの暮らしの裏側で、食べ物はどんな風に捨てられていくのかを知り、私たちにできることを考えます。また、食品業界のかかえる根本的な問題や、それを少しずつ変えていこうとする企業・自治体などの最新の取りくみを紹介します。

目次

第1章 SDGsってなに?(SDGsがめざすもの;目標12 つくる責任つかう責任)
第2章 食品ロスについて知ろう(世界の食べものの3分の1がすてられている;知っておきたい日本の食品ロス問題 ほか)
第3章 食品ロスはなぜ生まれる?(食品メーカーや生産者で発生する食品ロス;スーパーやコンビニで発生する食品ロス ほか)
第4章 食品ロスをへらそう!(食品メーカーや生産者の食品ロスをへらすくふう;スーパーやコンビニの食品ロスをへらすくふう ほか)
第5章 食べものから見える世界の問題(気候変動による食料不足;食料不足と遺伝子組みかえ作物 ほか)

著者等紹介

井田仁康[イダヨシヤス]
筑波大学教授。1958年東京都生まれ。筑波大学人間系(教育学域)教授。社会科教育・地理教育の実践的研究を専門とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yomineko@猫毛まみれ

73
プラ問題もだがこちらも凄い。ドギーバッグの行き渡らない日本。売り切れをなくすため過剰に作る。1年に48㎏/人の廃棄量。食べられるのに廃棄。可食部も廃棄の廃棄天国なり。世界中で何億もの人々が餓死しているのに。不揃いの野菜も捨てないで売ってほしい!別に姿煮にする訳でなしお腹に入れれば一緒の形。と言いつつ私も捨てた事、勿論あります涙捨てたら犠牲になった動植物に申し訳ない。4人家族の場合、フードロスを減らせば年間数万円の節約になるとのデータあり。いつどれ位捨てたのかメモしたい。無農薬なら必ず皮ごと食べているが2023/10/20

なま

5
★4 3章メーカー、企業、家庭の食品ロス、4章上記や世界各国の食品ロスを減らすための取組み。ここは『食品ロスの大研究』井出留美(監/PHP研究所 と重複し内容の厚さは本書の方が薄い。食品ロスの定義では無く、SDGsの定義から始まる。食品ロスをSDGsのターゲットに結びつけ、どういう影響を及ぼしているか?世界の食料問題、食品ロスによる環境生き物への影響を1章で語る。5章は気候変動による食料不足、遺伝子組み換え作物、日本の自給率、フードマイレージ、アニマルウェア等、世界と食品ロスを結ぶ。2巻に参考文献記載無し2023/06/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17816023
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。